• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは、賃貸マンションの契約をするとき、 大家さんがどんな人か会ってみたいですか?

    2015年8月31日 

    おはようございます。
    この道20年超、あなたの不動産トラブルを解決する
    不動産鑑定士コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは、賃貸マンションの契約をするとき、
    大家さんがどんな人か会ってみたいですか?』

     

    ◎皆様からの質問
    「大家の立場からの質問です。
    仲介会社経由で賃貸契約をするとき、
    家主と借主は私の経験では直接会いません。
    会わせないようにしているのかもしれません。
    これは何故でしょうか?」

     

    私の経験からも、
    よほど大家さんが賃借人に会いたいと言う要望がなければ、
    通常は会うということはなかったです。

     

    管理会社が間に入っている場合は、
    ・賃料徴収業務
    ・クレーム処理
    など、窓口は全て管理会社です。

     

    ですから大家さんが借主に会う必要性がないと言えます。

     

    ただし、「これからの賃貸業は管理会社だけに任せていてはいけない」
    ということも覚えておいてください。

     

    なぜなら大家さん業はサービス業だからです。
    更新の時は「更新してくれてありがとう」とお礼をしたり、
    はがきを出したりするのもいいと思います。
    借主といかに良好な関係を保つかが、
    大家業を成功させるためには大切だとも言えます。

     

    ここで私の経験をひとつ。

     

    東京に出てきたころ、賃貸のマンションを借りるのに、
    不動産会社に契約に行きました。
    契約が無事に終わり、
    担当の方につい、
    「でもこのマンション、少し賃料高くないですか?
    だからなかなか決まらないんでしょ~」
    とつい本音を言ってしまいました。

     

    そしたらなんと!少し離れた席に大家さんがいたのです。
    まるでお客さんのふりをして(笑)
    どんな借主かこっそり見に来ていたようです。
    こんなこともあるので、皆様も契約時、
    まわりに大家さんが隠れていないかどうか注意して見てくださいね(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    週末の土曜日は、
    「シェアハウス」セミナーを行いました。
    シェアハウスは収益性も高いですが、
    実際運営するとどうなの?
    自主管理で運営中の「たかちゃん」のお話、
    とっても面白かったです♪

     

    懇親会は女性3人でパチリ!(笑)

     

    次回は9月12日(土)に、現役投資運用のプロ吉田義之さんと、
    「資産のポートフォリオ、黄金比率」
    セミナーします。
    めちゃ楽しみ~☆

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    P1000560