• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは「43条但し書き道路」を知っていますか?

    2016年2月15日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    *お知らせ
    「不動産投資スクール 0期生」
    オンラインスクールが2月末開講となります

    皆様ぜひお申し込みくださいね。
    http://fire-bull.info/as/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『あなたは「43条但し書き道路」を知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「検討しているアパートの前面道路が、
    >43条但し書き道路
    となっていました。
    この道路は大丈夫でしょうか?」

     

    建物の敷地は建築基準法上の道路に、
    2m以上接していないと、
    建物を建てられません。

     

    ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物などは、
    特別に建てることができ、
    このような道路が「43条但し書き道路」です。

     

    添付した写真のように、
    物件を見るだけでは分からないのです。
    役所等で調査をすると初めてわかります。

     

    この写真では、道路に見える半分以上が、
    実は道路ではありませんでした。

     

    本来であれば建物を建築できないけれど、
    特別に建築できますよ、という道路なので、
    次回建て替える時に、
    確実に建替えができるかどうかわかりません。
    但し書きの適用は、あくまで例外的な取り扱いだからです。
    また、ローンの利用が困難な場合もあります。

     

    従ってその分の減価が生じます。
    但し書き道路の物件は市場価格よりも、
    安くなるということです。

     

    不動産を購入する時に、
    前面道路が「43条但し書き」の場合は、
    注意が必要です。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    不動産は道路をはじめ、
    きちんと見極めないと、
    思わぬところで、「落とし穴」があります。

     

    「43条但し書き道路」の物件でも、
    そのリスクを織り込んだ価格で購入する場合はOKなのですが、
    大体は高く買ってしまうのです。

     

    皆さまに、そういうアドバイスができたらな、
    と思い「スクール&会員制」を始めました。
    良ければぜひ参加してくださいね。

     

    <お知らせ>

    「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」は、アマゾンで購入できます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    道路