• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたはなぜ不動産業者の査定額に 開きがあるか知っていますか?

    2016年5月2日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたはなぜ不動産業者の査定額に
    開きがあるか知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「不動産屋さんの査定額に
    開きがあるのはなぜですか?」

     

    ■回答

     

    不動産の価格は数学のように、
    答えがひとつではないからです。

     

    どうしても欲しい人がいれば、
    相場よりも高くなるし、
    売却を急いでいる場合は
    相場よりも安くなります。

     

    市場は流動的で読みづらいため、
    とりあえず少し高めに出してみて、
    様子を見るのが普通です。
    そのまま高く売れればラッキーだし、
    3ヶ月しても売れなければ
    下げる必要があります。

     

    強気の営業マンは高く査定して、
    物件の専任を取ろうと頑張ります。

     

    何社かに査定してもらって、
    その中間くらいが売却できる
    価格ではないかと思います。

     

    ただし、あまりにも強気な査定額には注意して下さいね。
    不動産は新鮮さが大切です。
    長期間市場に出ていると、
    「売れ残り」とみなされますます売りづらくなりますから。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    「武蔵野茶房」でお昼を食べました。
    抹茶とお芋のパフェが大人気だそうですが、
    確かに美味しいです~♪

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    5-2