• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは不動産が格安物件になる理由、 知っていますか?

    2015年9月2日 

    おはようございます。
    この道20年超、あなたの不動産トラブルを解決する
    不動産鑑定士コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは不動産が格安物件になる理由、
    知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問
    『中古の物件で以下の記載がありました。
    具体的にはどのような状態のものであり、
    どのようなリスクがあるのでしょうか。
    価格は相場よりかなり格安です。

     

    ・瑕疵担保免責となります。
    ・住宅ローンがご利用になりません。
    ・引き渡し時に測量は致しません。』

     

    ■回答

     

    「瑕疵担保免責になる」というのは、
    売主には隠れたる瑕疵(例えばシロアリなど)
    があった場合、契約後も一定期間は修繕する義務があます。
    今回の物件はその瑕疵担保責任は負いません、ということです。

     

    「住宅ローンが利用できない」というのは、推測ですが、
    検査済証がない、もしくは違法建築しているため、
    銀行が融資してくれないと考えられます。
    今は銀行のコンプライアンスが厳しく、
    検査済証のない建物の融資はまずしてくれません。

     

    「引き渡し時に測量は致しません」というのは、
    通常引き渡し時には、確定測量図を買主に渡します。
    確定測量図がない場合には、測量する必要があるのです。
    測量することによって、隣地との越境の有無等が分かります。
    今回の物件は、測量をしないで、
    現状引き渡しにするという意味です。

     

    ■結論

     

    売主の「瑕疵担保責任免責」というのと
    「測量をしない」というのはよくあることです。
    その分売買代金から引いてもらうこともあります。
    でも住宅ローンが利用できないのは困りますね。
    だから格安なのだと思います。
    現金を持っている人は強いとも言えます。
    もっと値切れそうなので(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    今週発売の業界新聞「住宅新報社」に記事が載りました。
    ミーハーな私はめちゃ嬉しかったです。
    これから有名人になっちゃったりして(笑)
    今更ですが(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    住宅新報