• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは不動産を売却する場合、 ある程度の個人情報を渡す必要があること知ってますか?

    2015年11月2日 

    おはようございます。
    あなたの不動産トラブルを解決する
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは不動産を売却する場合、
    ある程度の個人情報を渡す必要があること知ってますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「現在所有している戸建住宅を賃貸中のまま、
    オーナーチェンジで不動産会社に売却の依頼をしました。
    物件の問い合わせがあったようで、
    不動産会社から、物件の登記簿謄本
    と公課証明を送って欲しいと言われました。
    まだ購入するかどうかも分からない人に
    個人情報を渡してもいいのですか?」

     

    ■回答

     

    物件の購入を検討している方には、
    ・土地、建物の登記簿謄本
    ・評価証明書
    ・区分マンションの場合には「重要事項に係る調査報告書」
    ・賃貸借申込書

     

    などを提出します。

     

    いづれも買主が購入する稼働を検討するための大切な書類です。
    この書類から、

     

    抵当権が付いているのかどうか?
    マンションの場合は修繕積立金の滞納があるのかどうか
    どんな人が住んでいるのか
    保証人は誰か

     

    などを知ることができます。

     

    不動産を売却する場合には、
    これらの書類を提出してくださいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    昨日は個人投資家のJACKさんと
    ジョイントセミナーを行いました。
    会場が新宿だったので、
    懇親会もいつもと違う雰囲気のお店でした。

    昨日も女性は私ひとりでした(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

    P1000606