• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは保安林に指定されている山の価格を どうやって求めるか知っていますか?

    2016年1月27日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント浅井佐知子です。

     

    『あなたは保安林に指定されている山の価格を
    どうやって求めるか知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問
    「山林(保安林)の価格の求め方を教えてください。」

     

    ■回答

     

    保安林として指定されている場合には、
    固定資産税評価額が付されていません(固定資産税が非課税であるため)。

     

    従って、その保安林付近にある「固定資産税評価額の付されている山林の価額」
    に比準して評価した価額を基に計算します。
    付近の山林の固定資産税評価額は、
    管轄の市役所(町役場)に聞くと教えてもらえます。

     

    ただし、保安林を付近の固定資産税評価額で求めると、
    高すぎる場合があるのです。

     

    鑑定では、実際の山林の売買事例から求めます。
    この方が適正な価格が出ます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    相続税の基礎控除引き下げから1年が経過しました。
    普通の土地は、路線価で評価して全く問題ないのですが、
    普通じゃない土地(笑)は、
    路線価では適正な価格が出ないんです~

     

    変な土地の適正価格を求める
    鑑定士の仕事ってすごいな、って思いますよ(笑)

     

    でも今日の質問は、超マニアックで難しすぎですね(笑)

     

    <お知らせ>

    「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」は、アマゾンで購入できます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    a895107822d27f67217706824dfec444-300x225