• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは家族に不動産を売る場合、 注意しなくてはいけないことを知っていますか?

    2016年3月11日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    「あなたは家族に不動産を売る場合、
    注意しなくてはいけないことを知っていますか?」

     

    ◎皆様からの質問

     

    「自宅を息子に売却する場合の
    注意点を教えてください」

     

    ■回答

     

    親子の間で売買する場合は、
    きちんとした根拠のある値段で売却(購入)しないと、
    税務調査が入ります。

     

    市場価格よりも極端に安い場合は、
    「譲渡」とみなされ
    譲渡税がかかる場合があります。

     

    このような同族間売買では、
    鑑定で評価する場合が多いです。
    いわゆる「適正な価格のお墨付き」
    のようなものです。

     

    個人から自分の会社に名義を移す場合も同じです。
    税務署の目は厳しいのです。
    皆さまも気をつけて下さいね。

     

    <お知らせ>

    「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」は、アマゾンで購入できます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    シャンパンの後に頂いた「苺のムース」
    は絶品でした。
    もう少しで苺の季節も終わりですね。
    今のうちに楽しみます~♪

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    IMG_4172