• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは建築面積が どこの部分か知っていますか?

    2017年3月31日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは建築面積が
    どこの部分か知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「建築面積というのは
    なんですか?」

     

    ■回答

     

    建築面積は、建物を真上から見たときの
    水平投影面積のことです。

     

    通常は1階の延べ床面積を
    建築面積とします。

     

    1階より2階の面積が
    大きい建物は2階を
    地面に投影した面積となります。

     

    ただし、バルコニーやベランダ、
    庇や軒は建築面積には含まれません。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    建築面積とか延床面積など、
    色々な面積があって、
    ややこしいですよね。

     

    他にも、延べ面積、法定床面積
    施工床面積などがあり、
    私も間違えそうです~笑

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■4月スクール&ジョイントセミナーのお知らせ。

     

    ・4月8日(土)13時45分~
    ・御茶ノ水会場
    ●お申し込み先

    ↓ ↓  ↓

    http://www.fire-bull.info/as/170408/

     

    ■今月のスクール(セミナー)内容

     

    <第1部~スクール>

    浅井佐知子

     

    【不動産の数字と出口戦略】
    ●シミュレーションの達人になろう

    1. 収支シミュレーション
    2. 各種数字

     

    ●出口戦略
    1. 売却方法
    2. 高く売るためのテクニック
    3. 成功大家になる
    ●会員さん、成果発表

     

    全くの初心者で勉強会に出て、
    1棟アパートを契約するまでの経緯を話してもらいます。

     

    <第2部 大手不動産会社の現役仕入れ営業ナンバー1、担当者による、
    「美味しい不動産の見つけ方」>

     

    ・プロの仕入れルートとは?
    ・どうやったら安く買えるの?
    ・プロから見た良い物件とは?
    ・こういう物件は転売しづらい
    ・実践ストーリー、物件購入までの物語