• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは犬を飼っている人に部屋を貸す場合の注意点、知っていますか?

    2016年1月26日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント浅井佐知子です。

     

    「あなたは犬を飼っている人に部屋を貸す場合の注意点、知っていますか?」

     

    ◎皆様からの質問
    「犬を家で飼いたいという問い合わせがありました。
    貸してもいいですが、契約のトラブルがないようにしたいです。」

     

    ■回答

     

    犬を家の中で飼う場合は、
    買わない人に貸すよりも、
    臭いがついたり部屋が汚れてしまう可能性が高いです。
    なので、以下のようにするのがいいと思います。

     

    1.敷金を少し多めに預かる。
    2.契約書に退出するときの原状回復義務として、
    「壁紙の張替えとクリーニングの費用は、
    無条件に借主が負担する」などの特約を定めておく。
    3.犬の種類、頭数、飼育方法をきちんと定める。

     

    また、ひと部屋を許可してしまうと、
    他の入居者のペットも許可せざるをえなかったり、
    クレームが来ることも考えられます。

     

    トラブルの元なので、
    十分に気をつけて下さいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    今の時期のお菓子、「ガレット デ ロワ」
    を食べました。

     

    中にフェーヴがひとつ入っていて、
    それが当たった人は、1年間幸運に恵まれるのです。
    残念ながら私は当たりませんでした(笑)

     

     

    *今週の金曜日(1月29日)、19時から神田で、
    airbnbと不動産投資のミニ勉強会を行います。
    興味のある方はメッセージ下さいね。

     

    <お知らせ>

    「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」は、アマゾンで購入できます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    IMG_4037