• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは築30年の空き家をリフォームして売るか、 そのままで売るか迷っていますか?

    2016年2月18日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    *お知らせ
    「不動産投資スクール 0期生」
    オンラインスクールが2月末開講となります!

     

    皆様ぜひお申し込みくださいね。
    http://fire-bull.info/as/

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『あなたは築30年の空き家をリフォームして売るか、
    そのままで売るか迷っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「築30年の空き家を所有しています。
    リフォームして売るか、
    そのまま売るか迷っています。」

     

    ■回答

     

    木造築30年の空き家ですが、
    この場合は建物価値はほぼゼロです。
    広告も「古家あり」での売却となります。

     

    修理はせずに、
    「古家あり」で売却することをお勧めします。
    リフォーム代は思いがけず高いですし、
    リフォームしたとしても、
    売却価額はそれほど上がらないのではないかと思います。

     

    今は古い戸建を安く買って、
    投資する方法も流行っているので、
    そのまま売りに出してみてくださいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    昨日は埼玉の「上尾」で打ち合わせがありました。
    上尾って、想像以上に栄えた街です。
    まさに「B級地域」!
    活気があります~♪

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    IMG_4103