• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは築30年の自宅を 更地にして売却しますか? それともそのまま売却しますか?

    2016年6月20日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは築30年の自宅を
    更地にして売却しますか?
    それともそのまま売却しますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「築30年の自宅を売却しようと思います。
    建物を解体し、更地として売却したほうが良いですか?
    それとも建物付きで売却したほうが良いでしょうか?」

     

    ■回答

     

    30年経っている木造の戸建は、
    残念ながら価値はほとんどありません。

     

    売却する場合は、
    本来であれば、建物取り壊し費用を
    更地価格から引く、
    もしくは建物を取り壊して、
    更地として売り出すことになります。

     

    ただし、リフォームして使う人も中にはいるので、
    現状のまま、「古家あり」で売り出すことが多いです。
    手入れが行き届いている戸建は、
    まだまだ使えるので、取り壊さずに、
    現況で売却するのがいいと思います。

     

    ちなみに、この場合は、
    「売主の瑕疵担保責任免除」
    として売却しないと、不具合があったときに、
    売却後も一定期間は売主の費用で直すことになってしまいます。
    その点だけは気を付けてくださいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    6月は全3回セミナー講師します。
    今週末のCITV光さんでのセミナーは女子限定だそうです。
    そういうのも、楽しいんですよ~♪
    特に懇親会が盛り上がるんです(笑)

     

    ■7月投資スクールのお知らせです。

     

    日にち:7月9日(土)
    時間:13時45分~17時
    場所:御茶ノ水

    ■お申し込みはこちらです
    (会員制サービスのサポートが1ヶ月無料の特典付です)

    ↓  ↓  ↓

    http://www.fire-bull.info/as/160709

     

    ■第1部 第6回不動産投資スクール 「融資」
    元地銀融資担当者が語る!銀行はココを見ている!!
    ~意外と知らない借り入れのコツ~
    講師:海野真也さん

     

    ■第2部 7年後の夢を叶えるためのプランニング
    講師:浅井佐知子

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    20160615_150028_841

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ご相談お問い合わせ

    不動産市況、ほかでは知りえない不動産の裏事情、お得な情報をお届けします!

    *メールアドレス
    *姓名

    <神田事務所>
    千代田区神田淡路町2-4-6
    F&Fロイヤルビル3F
    <最寄駅>
    東京メトロ丸の内線「淡路町」駅 徒歩2分