• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは路線価が、 すべての道路に振ってあると思いますか?

    2015年12月16日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは路線価が、
    すべての道路に振ってあると思いますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「相続税路線価はすべての道路に振ってあるのですか?」

     

    ■回答

     

    相続税路線価(路線価)は、
    ある程度の人の通行がある道路に振ってあります。

     

    残念ながら、山や農地、
    市街化調整区域(一部あり)
    の道路は路線価はなく、
    「倍率地域」となっています。

     

    路線価があると、
    その地域の大体の価格水準が分かるので、
    とっても便利です。

     

    ただし、路線価は住宅地では参考になりますが、
    商業地では実勢価格とのかい離が大きすぎて、
    あまり参考になりません。

     

    住宅地では、路線価を0.8で割り戻すと、
    公示価格水準が出てきます。
    実際の売買価格はもう少し高いのが普通です。

     

    都内などは、

     

    ●路線価×1.4
    くらいが妥当かもしれません。

     

    地方では、たまに路線価のほうが、
    実勢価格よりも高い場合もあります(笑)

     

    みんなが路線価を参考に取引すると、
    路線価はより精度の高いものとなるのです。
    面白いですね♪

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    「住宅新報」という、不動産業界の新聞に、
    本を紹介していただきました。
    嬉しいです~♪

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

    住宅新報紹介