• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • あなたは3人の子供に不動産を残すとき、 もめないようにするにはどうしたらいいと思いますか?

    2015年8月7日 

    おはようございます。

    この道20年超、あなたの不動産トラブルを解決する
    不動産鑑定士コンサルタントの浅井佐知子です。

    『あなたは3人の子供に不動産を残すとき、
    もめないようにするにはどうしたらいいと思いますか?』

    ◎皆様からの質問
    「子供たちへの相続対策として有効と人に聞いたこともあり
    現金より、不動産物件を残したいと考えています。

    3人子供がいるのですが
    一棟ものビルがいいのか、
    ワンルームを複数持ち、それを平等に分配するか、
    どちらがメリットあるでしょうか?」

    ■回答

    お子さんが3人いらっしゃるとのこと。
    相続で一番もめるのが、
    平等に配分できるかどうかのところです。

    1棟ものでも、相続後、売却して現金で分ければ問題ありませんが、
    3人の共有にして持ち続けると、
    色々な問題が生じます。

    例えば、ひとりは売却したいと思っても、
    後の2人がもち続けたければ、
    この兄弟に買い取ってもらう以外は、
    売ることはできません。

    こういう問題を嫌って、
    最初から区分のマンションを3つ持つ、
    そして相続が発生したら、ひとつずつ分ける。
    という人も多いです。

    問題が起きにくいという面からは、
    区分マンション3つ所有する方がいいかもしれませんね。
    新築マンションで同じ価格のものを3つ購入するのがいいと思います。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    こってりとした「エビマヨ」をいただきました。
    大きなエビはぷりぷりでおいしかったですが、
    めちゃこってり~。
    ビールがすすみますね(笑)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    エビマヨ