• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • 築古区分マンションは、 最終的に手元に何が残ると思いますか?

    2016年3月15日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『築古区分マンションは、
    最終的に手元に何が残ると思いますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「古い区分所有マンションをずっと保有し続けた場合、
    最終的には手元には何か残るのでしょうか?」

     

    ■回答

     

    例えば、1棟のアパートなどを所有している場合は、
    建物が古くなって取り壊すと土地が残ります。

     

    マンションの場合は所有者が大勢いるので、
    建替えの問題がありました。

     

    2014年に法改正がおこなわれ、
    耐震性不足の認定を受けたマンションについては、
    区分所有者等の5分の4以上の賛成で決議をすれば、
    マンションと敷地を一括して売却で きるようになったのです。

     

    区分所有者は、持分に応じて売却金(「分配金」)
    を手に入れることができるようになりました。

     

    老朽化した区分マンションの出口は、
    更地にして売却し、持ち分に応じた分配金をもらうということです。

     

    現在は「耐震性不足のマンション」について、
    と言う条件がありますが、
    将来はすべてのマンションについて、
    適用されるのではないかと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    日曜日にFX女子ランチ会に参加しました。
    女性だけ30人以上が集まり、
    おもしろかった~笑

     

    女性は元気ですね、改めてそう思います♪

     

    <お知らせ>

    「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」は、アマゾンで購入できます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

    IMG_4196