• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • 築古戸建の 建物の価値

    2017年7月12日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは築古戸建の
    建物の価値を知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「築50年経っている戸建ての
    建物の価値を教えてください。」

     

    ■回答

     

    鑑定では築30年、場合によっては
    築20年経過している木造建物
    に関して、評価はゼロとする
    場合が多いです。

     

    ところが、固定資産税評価では、
    残価率20%程度で評価される
    ようです。

     

    建物が古くなればなるほど、
    実勢の価格と税務上の価格のかい離が
    開くということです。

     

    納税者にとっては厳しいですが、
    築古アパートに投資する方に
    とっては、建物価格が高くでるため、
    減価償却が大きく取れ、
    有利だと言えます。
    築50年の戸建の評価は、
    鑑定では取り壊し費用を引くため、
    マイナス。

     

    税務上は再調達価格が
    2,000万円だとすると、
    400万円になります。

     

    なんとなく納得できない方も
    多いと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    同じ事柄をとっても、ある面では不利、
    でもある面では有利だったりします。
    そこを上手く活用できると、
    有利なことが増えていいと思います♪

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資の注意ポイントなどをお届けしています!

     

    ぜひ無料メルマガを活用してください。
    ↓ ↓ ↓
    http://wp.me/P1UI4K-jT

     

    *週に一度(日曜日)に配信しています。

     

    ■大好評!!

     

    <浅井佐知子の不動産投資スクール&
    美味しい物件情報>月額4,970円!

     

    ↓ ↓ ↓
    http://www.fire-bull.info/as/