• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • 老朽化したマンション の容積率が緩和される

    2017年6月29日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは老朽化したマンション
    の容積率が緩和されるのを
    知っていますか?』

     

    『東京都は1981年5月までに建てられた
    「旧耐震基準」のマンションを対象に、
    容積率を緩和する。
    老朽化した建物の建て替え促進が目的。』

     

    というニュースを読みました。

     

    「都内のマンションの
    2割にあたる約1万棟が旧耐震であり、
    建て替えを進めることで
    市街地環境の整備・改善や
    災害時の被害の抑制を目指す。」

     

    ■雑感

     

    今後、老朽化したマンションの
    対策が必須だと思うので、
    容積率緩和は、建て替え促進に
    有効な政策だと思います。

     

    古いマンションは駅前など、
    便利な場所に建っている場合も
    多いので、建替えが進むと、
    価値が上がるのではないでしょうか。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    マンションは利便性が重要です。
    古くて駅から遠いマンションは、
    値崩れが起きるのではないかと思います。
    そういうマンションは、建て替えるのは
    難しいのでしょうね~。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    ■7月スクール&ジョイントセミナーのお知らせ。

     

    ・7月1日(土)13時45分~
    ・御茶ノ水会場

     

    お申込み

     

    ↓  ↓  ↓

    http://www.fire-bull.info/as/170701/

     

    ●不動産の税務(個人と法人の違い)

     

    〈スクール概要〉

     

    1.個人の税務、法人の税務
    ・不動産投資は、個人でやるべき?法人でやるべき?
    ・個人と法人との決定的な差とは?
    ・5つの具体例により検証します
    2.節税の手法
    ・個人で不動産投資を行った場合の節税手法とは?
    ・法人で不動産投資を行った場合の節税手法とは?

     

    講師:二見達彦さん
    税理士・行政書士・宅地建物取引士

     

    ●不動産管理会社社長による、管理会社から見た
    「賃貸付けしやすい物件」と「入居率をよくする方法」

     

    <セミナー内容>

     

    ・「賃貸付けしやすい物件」と「入居率をよくする方法」
    ・良い管理会社の選び方
    ・不動産会社の客付け優先順位の決め方
    (どのような物件やオーナーさんを優先しているか?)

     

    講師:南部貞雄さん

     

    ●浅井佐知子

     

    ・初心者はこういう物件を買いなさい(シミュレーションシート付)
    ・年齢別!買っても良い不動産と買ってはダメな不動産

     

    今回は年齢によって買っても良い不動産と買ってはダメな不動産についてお話しします。
    ここを間違えると大変なことになります!