• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • 自宅マンションを購入する際、 妻と共有名義にした場合の メリット、デメリットを知っていますか?

    2016年4月4日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    ◎皆様からの質問

     

    「自宅マンションを購入する際、
    妻と共有名義にした場合の
    メリット、デメリットを教えてください。」

     

    ■回答

     

    住宅ローンを夫婦の共有名義にされている方は多いです。

     

    メリットは、

     

    ・共働きの夫婦の場合、共有名義にすると、
    「住宅ローン控除」が夫婦それぞれに適用されます。

     

    デメリットは、

     

    ・妻が仕事を辞めて収入がなくなると控除がなくなります。
    ・夫婦の共有名義にすると、
    夫が亡くなった場合、団信で支払免除となる分は夫の持分だけです。
    妻の持分はローンを払い続けなければなりません。
    ・離婚するときに問題が生じます。
    住宅を売却する際には共有者全員の承諾がなければ売却できないからです。

     

    今まで共有が原因で、相続等でもめる案件を
    たくさん見てきました。
    共有は後々のことを考えると
    やめたほうがいいのではないかと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    岡山の高島屋で購入した『きび大福」を食べました。
    あんこときな粉が絶妙でおいしいです。
    すでに2個なくなってるし~笑

     

    残席1名!■4月投資スクールのお知らせです。

     

    • 2016.4.16(土)13時30分~17時まで
    • 料金:5,000円(1か月間の有料会員情報付、浅井佐知子のコンサル付)

     

    ■お申し込みはこちらです
    (会員制サービスのサポートが1ヶ月無料の特典付です)
    ↓  ↓  ↓
    http://www.fire-bull.info/as/160416/

     

    「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」は、アマゾンで購入できます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    IMG_4276