• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • 傾斜地、がけ地、高低差がある土地

    事例1

    対象地は、下図のような崖地部分を含む大規模な雑木林の生える画地でした。
    一部資材置き場として使用貸借されており、敷地の中には墓地もありました。

    この土地が面する道路の路線価は、200,000円です。
    財産評価基準による評価額は、崖地・墓地のマイナス分を考慮しても1億円です。

    そして、この場合の鑑定評価額は、1千万円でした。
    なぜなら、この宅地の最有効使用は現況の使用、資材置き場程度であり建物は建たないからです。
    無理に建物を建てる場合は、大規模な造成工事が必要であり、評価額はマイナスになってしまいます。

     

     

    ご相談お問い合わせ 取材依頼

    <神田事務所>
    千代田区神田淡路町2-4-6
    F&Fロイヤルビル3F
    <最寄駅>
    東京メトロ丸の内線「淡路町」駅 徒歩2分