• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • 質問2. 不動産投資のリスクはなんですか?

    2016年3月10日 

    ■回答

     

    不動産のリスクには次のようなものがあります

    1. 物件の滅失、毀損
    2. 物件選びの失敗による空室、賃料下落
    3. 賃借人選びの失敗による賃料の未払い

     

    これらのリスクは回避する方法さえ知っていれば、

    全く恐れることはありません。

    以下簡単に説明します。

     

    物件の滅失、毀損

     

    保険でカバーしましょう。

    特に火災保険の特約、「建物電気的・機械的事故特約」は優れものです。

    エアコン、換気扇、給湯器の修理、交換を保険金で賄ってもらえるのです。

    ただし、経年変化による故障は保険の対象外です。

     

    その他、地震保険、事故(自殺)に対応した保険等もあるので、

    入ることをお勧めします。長期に契約をすれば保険金の節約になります。

     

     

    物件選びの失敗による空室、賃料下落

    選んではいけない不動産物件を覚えておきましょう!

    • 入居者が出てしまったらなかなか決まらない
    • 転売しづらい
    • 不動産価格や賃料が景気に左右されやすい

    このような不動産が当てはまります。

     

    具体的には、

    ①新耐震基準前に建てられたマンション

    ②ひと部屋が異常に小さいワンルームマンション

    ③賃貸が成り立たない地域に建っている物件

     

    このような不動産を選んではいけないのです。

     

    賃借人選びの失敗による賃料の未払い

     

    賃料が滞納すると、弁護士さんに頼んで手続きを踏まない限りは、

    勝手に鍵を変えたり、物をどかすことはできません。

    昔はそういうこともあったようですが、今は犯罪になってしまいます。

    従って入居者が賃料を滞納すると、費用も時間もかかり大変なことになってしまいます。

    これを防ぐには「家賃保証会社」を活用するのが一番です。

     

    親や親族が連帯保証人になっている場合は、

    それほど問題ありませんが、知人程度だと家賃が滞納した時に

    賃料を支払ってもらえないケースも多々あります。

     

    <お知らせ>

    • オンラインスクールで不動産投資を勉強してみませんか?

    ↓  ↓  ↓

    こちらをクリックしてください

     

    「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」は、アマゾンで購入できます。