• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • 「失敗だった」と認めていますか?

    2018年6月9日 

    おはようございます。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    『あなたは失敗した時、
    「失敗だった」と認めていますか?』

     

    旭酒造会長、桜井博志さんの記事を読みました。

     

    『失敗という結果がはっきり出たら、
    あれこれ言い訳せず、

     

    「結果が出ないということは、
    やはり自分の判断が間違っていた」
    「そうである以上、続けても
    意味がない」と考える。

     

    負けを認めるからこそ、
    そこから欠点が浮かび上がるし、
    どこが弱点なのかがあらわになります。

     

    負けを認識したうえで
    修正すればいいのです。』

     

    ■雑感

     

    不動産投資も同じことが言えます。

     

    まず、「この投資は失敗だった」
    ということを素直に認めて、

     

    「この不動産の欠点は何か?」
    「ではどうすればいいのか?」

     

    を認識し修正していくのです。
    それはもしかすると、
    痛みを伴う「損切り」に
    なるかもしれません。

     

    でも、傷は浅いうちに処理することも
    必要です。

     

    全ては失敗を認めることから
    始まるのは同じですね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    でも不動産投資での失敗は避けたいですよね。
    そのためにはきちんと学ぶことが大切です。

     

    今日はスクール開催日です♪
    たくさん学んでもらいます~

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    この記事をシェアする