• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたはサブリース契約を解約したい場合、どうしたらいいと思いますか?

    2021年2月1日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

    『あなたはサブリース契約を解約したい場合、
    どうしたらいいと思いますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    「投資用のワンルームマンションを購入しました。
    サブリース契約になっていますが、解約したいです。
    契約書を見ると、解約に関する条項がないのですが、
    解約できますか?」

     

    ■回答

     

    サブリース契約というのは、
    不動産業者が投資家等から部屋を借りて、
    それを一般の人に転貸することです。

     

    解約が困難なことから、問題になっています。

     

    サブリースが付いていると、
    利回りが低くなり、売却しにくいことや、
    サブリース賃料の減額を要求されることから、
    解約を望むオーナーは多いのですが、

     

    なんと!借地借家法により、不動産業者である
    サブリース会社が「借主」になるため、
    保護されてしまうのです。

     

    この矛盾を解決するには、借地借家法自体を
    変える必要があるようです。
    貸主に「正当事由」がないと解約できず、
    今は、全く規制対象となっていません。

     

    それでも、解約しないと物件を売ることは
    できないので、しつこく解約を迫るか、
    賃料減額請求されたときに、応じないで、
    解約に持っていくのがいいと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    サブリースでも、入居者が退去した時のリフォーム代は
    オーナー持ちなので、それもサブリース会社の収益源に
    なっているようです。

     

    ただし、中にはワンルームマンションの販売目的で、
    相場よりも高くサブリースしているケースもあるので、
    その場合は解約しない方がいいと思います。

     

    とりあえず、相場賃料を把握して、
    自分はどちらに当てはまるかを考えてみることかな?
    と思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    この記事をシェアする