• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたはマンション大規模修繕の問題を知っていますか?

    2021年3月5日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたはマンション大規模修繕の問題を知っていますか?』

     

     

     

    「マンション大規模修繕12年→18年周期、居住者負担減」

     

    という記事を読みました。

     

    「マンションの大規模修繕は12年ごとが一般的だが、
    最長18年ごとで済む修繕サービスが普及し始めた。
    安全を保ちつつ回数を減らせれば、
    住民が負担する月々の修繕積立金の負担を
    軽くすることが可能という。」

     

    ■雑感

     

    新築だけでなく既存のマンションでも
    対応できるそうで、外壁タイルや屋上防水に、
    耐久性の高い部材や工法を使うそうです。

     

    個人的には中古マンションの
    大規模修繕問題が、今後、
    深刻になると思っています。

     

    今の修繕積立金の積立額では足りない
    マンションが多いからです。

     

    マンション分譲会社は、売りやすくするため、
    新築時はなるべく修繕積立金を
    低く抑えるため、数年後、積立額は
    値上げされますし、それでも
    足りない状況が発生します。

     

    大規模修繕にかかる費用の半分は
    足場費用だとも聞きます。
    ほぼ1社が独占しているので、
    価格競争が働かないとのこと。

     

    大規模修繕問題は、
    周期を長くすることもそうですが、
    まだまだ改善の余地があると、
    思っています。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    先日、私が所有している区分マンションの
    理事長になってみました。

     

    購入するときに、修繕積立金もばっちり積み立てられていると
    思っていましたが、そうでもないことが判明。

     

    修繕積立金を値上げせずに、大規模修繕を実施できるか?
    色々調べてマンションの管理会社に提案していきたいと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    —————————–
    私が不動産のサービスを提供している
    エフピーネットが運営する
    お金・投資・トレード リテラシー育成メディア
    リアルインテリジェンス

    私の記事をはじめ、
    金融リテラシーを身につけるための
    こだわり記事が日々アップされています。

     

    ■不動産が他の投資と違うところは融資を利用できるところ

     

    資産形成は、できるだけ早い年代から始めるのがいいと思いますが、
    いつ始めても遅いということはありません。
    年代別に選ぶ不動産も異なりますが、いつ始めても遅いということはありません。

    この記事をシェアする