• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは公図上に現れる細い筆の意味を知っていますか?

    2021年5月17日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

    『あなたは公図上に現れる細い筆の意味を知っていますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    「購入予定の土地と道路の間に、
    細い土地が存在します。
    所有者を調べると昔分譲した会社でした。
    何か問題はありますか?」

     

    ■回答

     

    公図を見ると、たまにこのような土地を
    見かけます。

     

    厳密にいうと、この土地は、
    細い土地のせいで、
    道路に直接接していないことになります。

     

    分譲会社が今もあるなら交渉して
    買い取る必要があります。

     

    会社が清算している場合は
    ちょっと厄介です。
    専門家に相談することをお勧めします。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    こういう変な土地は、所有者の思惑があります。
    買い取ってもらうことで、お小遣い稼ぎになるとか。
    ものすごい高い金額を提示される場合もあるようです。
    昔の取引に多いのですが、ひどい話です。

     

    公図はいろいろなことを伝えてくれるので、
    分かるようになるといいですね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする