• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは古いアパートを建て替えるのに、どのくらいの費用がかかるか知っていますか?

    2021年12月16日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

    『あなたは古いアパートを建て替えるのに、どのくらいの費用がかかるか知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    『古いアパートを所有しています。
    建物が古くなったので
    立ち退きをして建替えたいと
    考えています。

     

    1階は店舗、2階は住居として貸しています。

     

    一般的に、手数料はどれくらい考えたらいいでしょうか?』

     

    ■回答

     

    現在の入居者に出て行ってもらうのに
    「立ち退き料」が掛かります。

     

    住居の場合は家賃の6か月と
    引っ越し代金が標準的です。

     

    店舗の場合は、業種によって
    異なりますが、高額になりがちです。

     

    立ち退きの交渉を弁護士さんに
    頼む場合は、弁護士費用が、
    立ち退いた後の建物取り壊し費用に
    150万円~がそれぞれ掛かります。

     

    立退料は年々上がる傾向にあります。
    古いアパートを所有していたり、
    購入する場合は、徐々に「定期借家契約」に
    していくことをお勧めします。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    木造は取り壊しやすいですが、
    RC造やS造の解体は金額も手間も大ごとになります。

     

    古いRC造、S造の物件を買って、最後のババを引かないよう、
    気を付けた方が良さそうですね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■新刊、予約開始ししました!!
    3年かかって書き上げました。
    ぜひ読んでみてくださいね。

     

    ↓ ↓ ↓

     

     

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    この記事をシェアする