• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは孤独死があった部屋を値切って買うことができると思いますか?

    2022年10月14日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは孤独死があった部屋を値切って買うことができると思いますか?』

     

    質問を頂きました。

     

    「購入を検討しているマンションの別の部屋で、
    昨年末に孤独死があったとの連絡を受けた。

     

    購入予定は3階で、孤独死は5階。
    個人的には問題ないので、このまま購入しようと思っているが、
    一般的にはどう考えたらよいか?

     

    また、これを理由に買付価格も下げられるか?」

     

    ■回答

     

    大規模マンションになると、そういった事故は何かしらあります。
    世間を騒がした殺人などだと、マンション全体にかなりの影響が出ますが、

     

    今回の場合は、

     

    ・孤独死
    ・階が離れている

     

    ということなので、影響は少ないと思います。
    また、孤独死は告知しなくてもいい方向に向かっているようです。

     

    その部屋ズバリではないので、それを理由での指値は厳しいと思いますが、
    多少の指値をしてみてはいかがでしょうか。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    単身高齢者が増えている日本ですから、
    今後も孤独死は増えると思います。

     

    部屋にセンサーを付けたり、
    ヤクルトを届けながら安否確認のサービスなどを
    活用するといいのかな~と思います。

     

    私も将来ひとりになったら、そういうサービスを活用します(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

     

    ■1DAYセミナー開催

     

    浅井佐知子の
    最新2022年(基礎から学べる)
    セミナーです

    ↓ ↓ ↓

    申込ページ

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

     

    ↓ ↓ ↓

    この記事をシェアする