• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは田園調布の地価が最も値下がりしたのを知っていますか?

    2020年10月28日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは田園調布の地価が最も値下がりしたのを知っていますか?』

     

     

     

    「変わる宅地のステータス」という記事を読みました。

     

    「邸宅街として知られる東京都内の住宅地価の二極化が進んでいる。
    7月1日時点の基準地価で前年から最も上がったのは港区「赤坂」で、
    価格も日本一となった。

     

    一方、最も下がったのは大田区「田園調布」で、
    価格は赤坂の10分の1を下回った。」

     

    ■雑感

     

    「田園調布3丁目など特定のエリアでは
    敷地を165平方メートル以下に細分化できない。」

     

    などの制約があるため、総額が大きくなりすぎ、
    買える人が少ないことも原因です。
    相続が起きたときは、安く売らざるを得ないのです。

     

    ただ、すでに数年前から価格は下落基調にありました。
    【田園調布】、【成城学園前】、【国立】
    などのいわゆる高級住宅地は、
    都心までやや遠いので、最近は人気が落ち、
    価格が下がっているのです。

     

    逆張り思考の私としては、『買うなら今でしょ~』
    とも思ってしまいます(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    都心は、戸建よりもマンションの方が
    人気があることも原因だと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■【ZOOM無料セミナーを開催します!】

     

    10月31日(土)14時00分~15時00分

     

    皆様の悩みや質問にお答えしますね。
    少人数募集のセミナーです。

     

    『初めての不動産投資で
    成功するために必要なこと』

     

    ●参加申し込みはこちらからお願いします

     

    ▼ ▼ ▼

     

     

     

    ■YouTube動画

     

    【不動産投資は逆張り?順張り?】
    チャンネル登録お待ちしてますね。

     

    ▼ ▼ ▼

     

    ●動画の内容

     

    不動産投資は逆張りか、順張りかについて話しました。

     

    この記事をシェアする