• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは鉄道高架下が居住用空間になるのを知っていますか?

    2022年8月12日 

     

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは鉄道高架下が居住用空間になるのを知っていますか?』

     

    「鉄道高架下が居住空間に」

     

    という記事を読みました。

     

    「鉄道の高架下は騒音や振動がネックで、用途は駐車場や倉庫が中心だったが、
    防音防振の技術革新や駅周辺の再開発に伴い、居酒屋やスーパーが続々と進出した。

     

    JR東海は居住空間の可能性に着目。グループの名古屋ステーション開発とともに、
    コンテナハウスを活用した事業を模索している。

     

    JR東海によると、東海道新幹線の利用がコロナ禍で落ち込む中、
    鉄道以外の事業強化策として、高架下を住宅として活用する
    アイデアが浮上。

     

    考案したコンテナハウスは約30平方メートルで、
    騒音の最大値を50~60デシベルに抑えた。
    当面はグループ社員向けに活用し、
    将来的には一般向けの賃貸も検討している。」

     

    ■雑感

     

    私の事務所の近くの御茶ノ水駅の高架下も店舗として
    活用されています。何度か食事をしたことがありますが、
    騒音は全く感じられませんでした。

     

    すでに高架下を住居して貸し出している駅もあると聞いています。
    駅から近いし、借りる方も便利だと思います。
    コロナ禍で収益が落ちている鉄道会社にとって、今まで
    利用してこなかった高架下にはビジネスチャンス満載です。
    宿泊施設としてもぴったりですね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    確かに電車に乗る人が以前よりも少なくなったと感じています。
    私も、事務所と家と半々くらいで仕事してます。
    定期を買うのはもったいないな~と思いつつ、買ってます(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

    ↓ ↓ ↓

    この記事をシェアする