• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • アパートなど2000棟、 建築基準適合せず

    2019年4月17日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    「大和ハウス、アパートなど2000棟、
    建築基準適合せず」 

     

    というニュースを読みました。

     

    「大和ハウス工業は、同社が建設した
    賃貸アパートや戸建て住宅の
    約2000棟が建築基準に
    適合していなかったと発表した。

     

    不適合があったのは2078棟。
    2001年1月~10年6月に引き渡した
    6都県のアパート200棟は、
    防火性が十分でない恐れがあったり、
    柱を基準と異なる仕様で施工したりした。

     

    また00年10月~13年2月に引き渡した
    29都府県のアパート990棟と戸建て888棟は、
    建物の土台となる基礎が
    国の認定に適合していなかった。」

     

    ■雑感

     

    先日のMDIの事件といい、
    またまた建築会社の不祥事が
    出ましたね。

     

    3年前に内部通報があり、
    社内調査を進めたところ、
    今回の問題が判明したということです。

     

    今後、違う建築会社でも
    出てきそうです。

     

    業界は、とことん膿を出し欲しいですが、
    果てしなく続きそうです。

     

    昔は何でもアリだったのでしょうかね?

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    時代はものすごく変化していて、
    世間はこういう不祥事に以前よりも敏感に
    なっているように感じます。
    企業ももっとそういうことに気付いてくださいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■不動産投資スクール

     

    ★5月11日(土)

     

    スクール参加はこちらから

     

     

     

     

     

    この記事をシェアする