• ホームHome
  • サービスの内容Service
  • サービスの流れWorkflow
  • プロフィールProfile
  • ブログBlog
  • お問い合わせContact
  • バブル期の建物は 高い資材を使っていた?

    2018年10月22日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

    『あなたはバブル期の建物は
    高い資材を使っていたと思いますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    『バブル期に建てられたマンションは、
    今では考えられないほどの、
    高い値段の資材を使ってると
    聞いたことがあります。
    本当でしょうか?』

     

    ■回答

     

    そういう話も聞いたことがあります。

     

    ただし、建築資材や労働賃金が高いと、
    今と同じ建物でも建築費は高くなりますし、
    一概には言えないと思います。

     

    政府統計を見ると、建築工事費は、
    平成7,8,9年が一番高かったようです。

     

    個人的には今の建物のほうが
    技術の進歩で良いように感じます。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    今日は秋晴れのお天気だそうです。
    食欲の秋?お腹がすきます(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひ無料メルマガを活用してください。

    ↓ ↓ ↓

     

     

     

    ■大好評!!

     

    <浅井佐知子の不動産投資スクール&
    美味しい物件情報>月額4,970円!

     

    ↓ ↓ ↓
    https://www.fire-bull.info/as/

     

    この記事をシェアする