• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 亡くなった家族が保有している 不動産を見つける方法

    2021年8月25日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは亡くなった家族が保有している
    不動産を見つける方法を知っていますか?』

     

    「亡くなった家族が保有していた株や不動産を見つけ出す方法」

     

    という記事を読みました。

     

    「不動産はほとんどが固定資産税がかかるので、
    毎年4~6月に届く、固定資産税の納税通知書が手掛かり。

     

    しかし、私道、公衆用道路、課税されない不動産は記載されません。
    その場合、市区町村役場で『名寄帳』を取得すれば大丈夫。

     

    ただし、名寄張は市区町村単位で発行されるため、
    「そもそもどこに不動産があるかもわからない」
    といった場合は、調べるのは困難です。
    権利書や契約書などがあれば、
    そこから確認できることもあります」

     

     

    ■雑感

     

    ほとんどの不動産は固定資産税がかかるので、
    問題ありませんが、課税されていない不動産は
    確かに少し厄介です。

     

    税金がかからなので、気付かずにそのままになっていると、
    私道の場合は迷惑がかかる人も出てきます。
    相続で複雑になったり、所有者がたどり着けなくなると、
    手続きがさらに面倒になります。

     

    所有している不動産の書類は整理しておくことがいいですね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    私も家族に詳しく説明せずに、投資物件を
    購入しているので、もし私に何かあっても
    保有物件が分かるように、リスト化する必要がありそうです。
    これからも増えそうですから(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする