• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 位置指定道路の土地購入に際し、 気をつける点

    2019年5月10日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは位置指定道路の土地購入に際し、
    気をつける点を知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「購入予定の土地の道路は
    位置指定道路となっています。
    道路の持分はありますが、
    気をつけることはありますか?」

     

    ■回答

     

    位置指定道路は、建築基準法上の道路ですが、
    私道です。

     

    建物の建築はできますが、
    水道やガスの工事に際し
    道路を掘削する場合には、
    私道持ち分を持っている方の
    全員の許可をもらう必要があります。

     

    他の所有者も立場は同じなので、
    許可を出さないということはないですが、
    所有者が多ければ多いほど、
    もめることもあります。

     

    それを避けるためには、
    「通行、掘削承諾書」を契約の時に
    売主からもらっておくことをお勧めします。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    不動産に係ることって、本当に交渉事が多いです。
    交渉の達人になると、めっちゃ有利ですよ。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■不動産投資スクール

     

    ★5月11日(土)

     

    スクール参加はこちらから

     

    ●スクール内容

     

    「出口」

     

    区分マンションの出口は?
    築古戸建の出口は?

     

    中古アパート、
    新築アパートの出口は?

     

    何年目で売るのが
    利益最大化になるの?

     

    購入前に計画を立てましょう!

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひ無料メルマガを活用してください。

     

    この記事をシェアする