• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 契約した新築工事中のマンションで、死亡事故が起きたら?

    2021年12月6日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは契約した新築工事中のマンションで、死亡事故が起きたら価格交渉しますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    「先日契約したマンション工事中に死亡事故がありました。
    このような場合、契約した後でも価格交渉できるのでしょうか?」

     

    ■回答

     

    契約した部屋で、
    死亡事故が起きた場合は、
    値引きされると思います。

     

    でも今回のように建築中の建物で、
    場所が特定されていない場合は、
    残念ながら、値引きされないと思います。

     

    ただし、交渉する価値は
    あるので試してみてくださいね。

     

    ちなみに、特定の部屋の
    ベランダから飛び降りた場合は、
    部屋で亡くなったわけでなくても、
    減価されます。

     

    又、投資用一棟マンションの建築中の事故は、
    建築会社が補償すると言う判例があります。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    高層マンションなどは、高いところで工事をするので、
    工事される方、怖くないのかな~といつも思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■新刊、予約開始ししました!!
    3年かかって書き上げました。
    ぜひ読んでみてくださいね。

    ↓ ↓ ↓

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする