• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 建ぺい率、容積率オーバーの戸建を 買うにあたっての注意点

    2020年8月7日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは建ぺい率、容積率オーバーの戸建を
    買うにあたっての注意点を知っていますか?』

     

     

    質問いただきました。

     

    「建ぺい率、容積率オーバーの戸建を
    購入検討しています。
    検討に際し、注意点はありますか?」

     

    ■回答

     

    建ぺい率、容積率がオーバーしている物件は、
    銀行から融資を引くのが難しいです。
    貸してくれる銀行があっても、
    金利は高めです。

     

    建物が古く、将来建て替えることを
    考えている場合は、どのくらいの建物が
    建つのかを計算してみる必要があります。
    とても小さな建物になってしまうと思います。

     

    投資で買う場合は、出口は、オーナーチェンジで
    売却することになります。

     

    建ぺい率、容積率オーバーの戸建を
    どうしても買いたい場合は、
    出来るだけ安く買うことをお勧めします。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    建物が建った後、工務店が親切で部屋を
    大きくしたせいで、容積率オーバーになり、
    住宅ローンの借り換えができなかった、
    という相談を受けたことがあります。

     

    自宅を買う場合は特にご注意くださいね。
    投資用としては面白いと思います(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■YouTube動画

     

    【不動産投資はチームで戦う】
    チャンネル登録お待ちしてますね。

    ▼ ▼ ▼

     

    ●動画の内容

     

    不動産投資は、最強のチームをいかに作れるかで勝負が決まります。「どの分野で、優秀なプロをいかに探すか?」その方法をお伝えしています。

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする