• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 建物が旧耐震基準か新耐震基準かを 調べる方法を知っていますか?

    2019年3月19日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは建物が、旧耐震基準か新耐震基準かを
    調べる方法を知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「旧耐震基準かどうかは
    どのように調べるのでしょうか?」

     

    ■回答

     

    新耐震基準か旧耐震基準かは、
    昭和56年6月1日以前の建物か、
    それ以降の建物かで判断します。

     

    ただし、昭和56年にできたマンションだと
    微妙なものも多いです。

     

    正確には役所で、「建築確認申請が
    受理された日」を調べる必要があります。

     

    受理された日が6月1日以降であれば、
    新耐震基準となります。

     

    役所によっては、古い建物だと
    分からない場合があります。
    建築主もしくは建築会社に、
    「確認通知書(副)」があるかどうかも
    確認してください。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    古い建物がまだ使えるかどうか、
    素人にはなかなか判断が難しいです。

     

    先日大工さんにお会いした時に
    どこをチェックすればいいのか聞ききました。
    ふ~ん、なるほど~と思いましたよ。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■不動産投資スクール

     

    ★4月13日(土)

     

    *今月限り!超お得な価格でセミナー受けられます。

     

    6,000円⇒3,000円

     

    しかも、1か月間の有料メルマガがサービスで付いています。

     

    満席になり次第、締め切らせ出ていただくので、
    お早めのお申込みをお待ちしておりますね。

     

    スクール参加はこちらから

    ↓ ↓ ↓

    https://www.fire-bull.info/as/190413/

     

    ●スクール内容

     

    「空室対策」

     

    私がお手伝いした部屋は今のところ、
    2か月以内にすべて決まってます。
    空室対策の専門家になれるかもしれません(笑)

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひ無料メルマガを活用してください。

    ↓ ↓ ↓
    https://www.fire-bull.info/as/mag/

     

    ■有料メールマガジン

    ↓ ↓ ↓

    「不動産鑑定士 浅井佐知子のやさしい不動産投資の学校」

     

    https://www.fire-bull.info/as/

     

    ■LINE@始めました。

     

    登録すると、スクール動画を丸々1回分見ることができます!
    ぜひこの機会に自分だけの投資戦略を立ててくださいね。

     

     

    もしくは、
    「 @wnr5556i 」をID検索(@をお忘れなく)

    を知っていますか?』

    ◎皆様からの質問

    「旧耐震基準かどうかは
    どのように調べるのでしょうか?」

    ■回答

    新耐震基準か旧耐震基準かは、
    昭和56年6月1日以前の建物か、
    それ以降の建物かで判断します。

    ただし、昭和56年にできたマンションだと
    微妙なものも多いです。

    正確には役所で、「建築確認申請が
    受理された日」を調べる必要があります。

    受理された日が6月1日以降であれば、
    新耐震基準となります。

    役所によっては、古い建物だと
    分からない場合があります。
    建築主もしくは建築会社に、
    「確認通知書(副)」があるかどうかも
    確認してください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    古い建物がまだ使えるかどうか、
    素人にはなかなか判断が難しいです。

    先日大工さんにお会いした時に
    どこをチェックすればいいのか聞ききました。
    ふ~ん、なるほど~と思いましたよ。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

    ■不動産投資スクール

    ★4月13日(土)

    *今月限り!超お得な価格でセミナー受けられます。

    6,000円⇒3,000円

    しかも、1か月間の有料メルマガがサービスで付いています。

    満席になり次第、締め切らせ出ていただくので、
    お早めのお申込みをお待ちしておりますね。

    スクール参加はこちらから

    ↓ ↓ ↓

    https://www.fire-bull.info/as/190413/

    ●スクール内容

    「空室対策」

    私がお手伝いした部屋は今のところ、
    2か月以内にすべて決まってます。
    空室対策の専門家になれるかもしれません(笑)

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

    ぜひ無料メルマガを活用してください。

    ↓ ↓ ↓
    https://www.fire-bull.info/as/mag/

    ■有料メールマガジン

    ↓ ↓ ↓

    「不動産鑑定士 浅井佐知子のやさしい不動産投資の学校」

    https://www.fire-bull.info/as/

    ■LINE@始めました。

    登録すると、スクール動画を丸々1回分見ることができます!
    ぜひこの機会に自分だけの投資戦略を立ててくださいね。

     

    友だち追加

     

    もしくは、
    「 @wnr5556i 」をID検索(@をお忘れなく)

     

    この記事をシェアする