• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 無免許の個人が、不動産の売買を繰り返すのは宅建業法違反?

    2021年3月29日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは無免許の個人が、
    不動産の売買を繰り返すのは
    宅建業法違反になると思いますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    「不動産を買ってすぐに売却し、
    利益を得たいです。何度も繰り返し
    行うのは宅建業法違反に当たりますか?」

     

    ■回答

     

    個人が不動産の売却を反復継続するのは、
    宅建業法違反に当たるか?というと、
    実は明確な基準はありません。

     

    ただし、かなりグレーです。

     

    もし違法であると国交省、もしくは
    都道府県が判断すると、3年以下の懲役
    または300万円以下の罰金(または両者の併科)が
    科せられる可能性があります。

     

    反復継続したい方は、宅建業の免許を
    取得することをお勧めします。

     

    たまに売買、ならいいんでしょうね(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    今日はお天気が荒れるとのことだったので、
    テレワークの予定でしたが、めっちゃ晴れてます。
    いつもより朝遅く起きてしまったので、
    やっぱり家で仕事します~笑

     

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    この記事をシェアする