• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは「私道負担なし」の意味を知っていますか?

    2022年3月30日 

    DSC_0661

     

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは「私道負担なし」の意味を知っていますか?』

     

    質問を頂きました。

     

    「物件情報を見ていると、「私道負担なし」
    という言葉が出てきます。これはどういう意味でしょうか?」

     

    ■回答

     

    「私道負担なし」というのは、私道の持ち分を
    持っていないという意味です。

     

    負担がないのでなんとなくいいように思えますが、
    通行、掘削承諾書がないと、ガスや水道管の工事を
    するにあたり、私道を所有している方全員の承諾が
    必要になります。

     

    私道に面している土地を購入する場合は、
    私道の持ち分を所有しているかどうかを
    必ず確認し、もし持っていない場合は、
    「通行、掘削承諾書」の有無を確認しましょう。

     

    また、たとえ持分を持っている場合も、
    「通行、掘削承諾書」はあった方がいいのです。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    私の所有している戸建も私道に面していて、
    私道の一部を所有しています。

     

    先日、水道管工事をするということで、
    工事費の負担の連絡が来ました。
    私道を所有していると、メンテナンスにお金かかります。
    市や区によっては、私道でも「管理道路」とし、
    市、区の負担で管理してくれる道路もあります。

     

    今度、区に交渉してみようかな~思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

    ↓ ↓ ↓

     

    この記事をシェアする

    不動産関連情報

    これまでの実績

    ご相談お問い合わせ

    <神田事務所>
    千代田区神田淡路町2-4-6
    F&Fロイヤルビル3F
    <最寄駅>
    東京メトロ丸の内線「淡路町」駅 徒歩2分