• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたはコロナ禍で、住宅ローン返済が滞りそうになったらどうしますか?

    2020年12月18日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたはコロナ禍で、住宅ローン返済が
    滞りそうになったらどうしますか?』

     

     

    質問をいただきました。

     

    「コロナ禍で会社の業績が落ち、
    冬のボーナスが激減しました。
    住宅ローン返済が厳しいのですが、
    どうしたらいいでしょうか?」

     

    ■回答

     

    冬のボーナスは公務員も含め、
    約4割の家庭で減っているそうです。
    支給ゼロの会社もあるようです。

     

    そんな中、住宅ローンの支払いを
    ボーナス払いにしている場合、
    返済が厳しい家計も多いと思います。

     

    まずは金融機関に返済条件の見直しを
    相談してみるのがいいと思います。

     

    返済期間の延長や月々の返済額の減額、
    ボーナス返済の取りやめといった
    救済対応をしてくれる場合もあります。

     

    金融庁から、「新型コロナウイルス感染症の
    感染拡大を踏まえた対応について(住宅ロー
    ン等に係る条件変更) 」という要請も
    出ているようです。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    株や為替と違い、不動産に影響が出るのは
    時間差があるのです。今回は株価が絶好調のせいか、
    今の所、不動産にはほとんど影響もなく、
    価格も下がっていませんが、来年以降、
    徐々に影響が出てくる可能性はあります。

     

    国の施策により、救済措置が取られることもあるので、
    今後価格がどう動くかは、今の段階では分かりませんが。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    この記事をシェアする