• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは不動産売買の電子化が認められたことで、 どういうメリットがあるか知っていますか?

    2022年9月9日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは不動産売買の電子化が認められたことで、
    どういうメリットがあるか知っていますか?』

     

    「売買契約書も電子化できる」という記事を読みました。

     

    「2022年5月に売買契約書を始めとする
    不動産関連文書の電子化が認められた。

     

    電子化によるメリット

     

    1. 訪問・対面取引の削減により業務効率の改善
    2. 印紙代が不要になり大幅なコスト削減ができる
    3. 膨大な契約書類が一元管理できる」

     

    ■雑感

     

    売買契約書の電子化はもう始まっているようです。
    でも、まだそういう事例を周辺で聞いたことがないです(笑)

     

    私が感じる一番のメリットは、何と言っても
    「印紙代が不要になる」ことです。

     

    印紙代は売買金額によって異なりますが、
    数万円から、数十万円することもあるので、
    電子化により必要なくなるのは、大きなメリットです。

     

    契約書類も量が多く、なくす可能性もあるので、
    電子化なると助かります。

     

    というわけで、早く電子化が普及するといいな、と思います。

     

    ついでに登録免許税もなくなればいいのに(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    不動産鑑定評価書も、印鑑を押す必要がなくなりました。
    印鑑って上手く押すのがなかなか難しく、
    苦労していたので、とても助かりました(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

     

    ↓ ↓ ↓

     

    この記事をシェアする