• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは登記簿謄本の見方を知っていますか?

    2020年7月13日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは登記簿謄本の見方を知っていますか?』

     

     

    質問をいただきました。

     

    「登記簿謄本に抵当権の表示がなければ、
    ローンは組まれていないということですか?」

     

    ■回答

     

    謄本の乙区に「抵当権設定登記」が
    記載されていなければ、ローンは組まれていません。

     

    抵当権の表示があり、ローンの返済が終わると、
    「抵当権抹消」と表示されます。

     

    投資不動産を検討するときは、
    登記簿謄本を確認し、
    抵当権が付いていない、
    もしくは払い終わっているときは、
    指値が効きやすい、という見方もできます。

     

    地主さんが持っているものなのか?
    投資家が買って転売するのか?
    など、謄本から分かることも多いです。

     

    謄本は土地の履歴書です。
    じっくり見ると、色々なことが分かります。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    謄本って甲区、乙区に分かれていて、
    理解するのが本当に難しかったです。

     

    今はコンピューター化されていて、
    文字も読みやすいですが、
    以前は手書きで、「二」が「弐」で
    表示されているなど、読む前に、
    拒否反応おきましたよ(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■YouTube動画

     

    【ワンルームマンション、買ってもいい人、ダメな人】
    チャンネル登録お待ちしてますね。

     

    ▼ ▼ ▼

     

    ワンルームマンションは買ってもいい人とダメな人がいます。
    なぜダメなのかを説明しています。また、買ってもダメな人が買ってしまった場合の、解決策についてもお伝えしています。

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    無料メルマガを活用してください。

     

    この記事をシェアする