• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは耐用年数が過ぎた建物の評価はゼロになると思いますか?

    2020年2月25日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

    『あなたは耐用年数が過ぎた建物の評価はゼロになると思いますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「耐用年数が過ぎた建物の評価はゼロでしょうか?」

     

    ■回答

     

    税務上の耐用年数が過ぎた建物でも、
    価格はゼロにはなりません。

     

    また、修繕等を施している建物は、
    実際はまだまだ使えるので、
    残存耐用年数も長くなります。
    税金もしっかりと取られるということです(笑)

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    建物の価格は税務と鑑定では大きく違いが出るところなんです。
    鑑定では耐用年数を長くすることもあります。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■3月14日(土)不動産投資スクールのお知らせ

    ↓ ↓ ↓

     

     

    不動産投資で失敗しないことは実は簡単なんです。

     

    1.シミュレーションができる
    2.市場調査ができる
    3.空室対策ができる

     

    これさえできれば、
    何も怖いことはありません。

     

    3月スクールでは、最重要ポイントである
    「空室対策」について実例をもとに
    徹底的に学んでもらいます。

     

    ●3月スクール

     

    1.空室対策
    2.会員さん実例
    3.皆様からの質問

     

    ●セミナー

     

    <講師>
    村上祐章(むらかみゆうしょう)さん

     

    「 廃墟不動産投資とは」

     

    - 一般的な不動産投資との違い
    - 廃墟不動産投資術 実例
    - 物件無料ゲットとは
    - 生徒さん達の成果の実例
    - 詳しく学びたい方に(コンサルのご案内)
    - 皆さんへ伝えたいこと

     

    この記事をシェアする