• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは隣の土地が売りに出されたら、どんな場合でも買うべきだと思いますか?

    2022年10月10日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは隣の土地が売りに出されたら、どんな場合でも買うべきだと思いますか?』

     

    質問を頂きました。

     

    「自己所有地の隣の土地が売り出されたら買え、と聞くが、
    どんな場合でも買うべきですか?」

     

    ■回答

     

    隣の土地が売りに出されていた場合、その土地を買ったほうがいいのは、

     

    1.自分の土地が小さく、隣の土地を合わせたほうが規模が標準的になる。
    2.自分の土地が路地状敷地の場合。隣の土地を買うと整形地になる。
    3.隣の土地が角地の場合。

     

    これらの場合は隣の土地を買うと価値が上がります。
    すべての場合において隣の土地を購入するのが
    ベストとは限りませんので、注意してくださいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    先週末はスクール開催しました。
    懇親会も開催し、とても楽しかったです。
    ステキな生徒さんと写真撮りました!

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに !』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント 浅井佐知子

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    もうこれ以上の本、書けないです(笑)
    ぜひ読んでみてくださいね。

    ↓ ↓ ↓

    この記事をシェアする