• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 不動産投資に底打ちの兆し?

    2020年7月8日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    「不動産投資に底打ちの兆し」

     

     

    というニュースを読みました。

     

    「新型コロナウイルスの影響で
    落ち込んでいた不動産投資に
    底打ちの兆しが出ている。

     

    6月の取引額は5月から急増。
    感染「第2波」への警戒感はあるが、
    金利低下で不動産投資への関心が高まった。

     

    もっとも、取引の中心は都心の
    一等地などに偏っており、
    投資マネーによる選別は鮮明だ」

     

    ■雑感

     

    主にファンド取引のことなので、
    個人の投資家事情とは少し違いますが、
    コロナ不安と低金利で、
    投資家になりたい人が
    増えているように感じます。

     

    企業の業績にかかわらず、
    株価も上げていますし、
    世界中にお金が余っている今、
    不動産も株も下がらないかもしれません。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    日本の不動産は、良い場所と悪い場所の2極化が、
    今後さらに進むと思います。
    買う時はしっかりと市場分析することが大切です~。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■YouTube動画

     

    【なぜ黒字倒産が起きるの?】
    チャンネル登録お待ちしてますね。

     

    ▼ ▼ ▼

     

    黒字倒産が起きる理由は?
    不動産投資は残念ながら、それほど節税効果はありません。
    ワンルームマンション投資も、全く節税効果にならないのです。
    その理由について説明しました。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    無料メルマガを活用してください。

     

    この記事をシェアする