• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 住宅ローン利用者、約7割が「変動型」

    2021年7月9日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

    『住宅ローン利用者、約7割が「変動型」』

     

    という記事を読みました。

     

    「住宅金融支援機構は、「住宅ローン利用者調査(2021年4月調査)」
    の結果を発表した。

     

    それによると、利用した金利タイプは
    「変動型」が68.1%(2020年11月調査:62.9%)、
    「固定期間選択型」が20.7%(同24.5%)、
    「全期間固定型」が11.2%(同12.6%)となり、
    前回調査時と比べて「変動型」が増加し、
    「固定期間選択型」と「全期間固定型」は減少した。」

     

    ■雑感

     

    変動型は固定型よりも金利が低いのが魅力です。
    投資物件でも変動にするか固定にするか、
    迷われる方が多いです。

     

    どちらを選ぶかはその方の考え方次第ですが、
    低金利に慣れているので、変動型を選ぶ気持ちは
    分かります。

     

    ちなみに先行きについては、「金利は上昇する」と
    考えている方が増えたようです。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    迷ったときは、「固定期間選択型」かな?
    と思いましたが、こちらも減少しています。

     

    やはり、目先の金利の低さは魅力的ですものね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする