• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 土地で売り出されている物件に 指値をする際の言い方に迷いますか?

    2021年10月6日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは土地で売り出されている物件に
    指値をする際の言い方に迷いますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    『「古家あり」で売り出されている戸建を
    解体費用分の指値をしたいと思います。
    内見する場合、リフォームして賃貸にすると
    仲介会社に話していいのか?
    解体費用分の指値をしたい時に支障がないのか心配です。』

     

    ●回答

     

    土地(古家あり)で売り出されていても、
    使い方は買った方の自由です。
    ただ、賃貸に出すつもりなのに、
    「解体費用分の指値をしたい」というのは、
    少々矛盾しているので、言い方を変えて、

     

    「まだ使い方が決まっていません。建て替える場合は解体費用、
    このまま使うなら、屋根、外壁、内装分のリフォームの費用の額として
    ざっくり〇〇万円指値をしたい」

     

    というのではいかがでしょうか?

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    先週末、生徒さんの新築アパート見学してきました。
    とっても素敵なアパートを皆で見て、
    その後は、久しぶりに飲み放題のお店に行きました。

     

    緊急事態宣言も解除され、楽しみが戻ってきました!笑

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    この記事をシェアする