• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 物件の「囲い込み」とは?

    2020年9月7日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは物件の「囲い込み」を知っていますか?

     

    質問をいただきました。

     

    『物件の「囲い込み」というのは何ですか?』

     

     

     

    ■回答

     

    不動産の売却を依頼された不動産会社が、
    故意に他の不動産会社に物件を
    紹介しないことを「囲い込み」といいます。

     

    売主から不動産の売却を依頼された不動産会社は、
    【レインズ】に物件情報を登録する義務があります。
    不動産業界全体で物件情報を共有し、
    買主が見つかるようにするためです。

     

    手数料の両手狙いで、登録をしないで、自社だけで物件の売買を
    意図的に行なう行為のことです。

     

    不動産がなかなか売れない場合、
    業者さんが囲い込みをしている可能性も
    あるので要注意です。

     

    そういう時は仲介会社を変えるか、
    「一般媒介」に変更するのがいいと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    「囲い込み」は賃貸でもあります。
    そういう業者さんは少ないとは思いますが、
    頼むほうも知識として知っておくことが必要ですね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■YouTube動画

     

    【なぜ未公開物件になるの?】
    チャンネル登録お待ちしてますね。

     

    ▼ ▼ ▼

    ●動画の内容

     

    【不動産用語集】

     

    ・未公開物件はなぜ生まれるか?
    ・三為業者についても解説しました。

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    ■9月12日 不動産投資スクール

     

    *基本的にオンラインセミナーになります。
    上記会員登録して、参加してくださいね。

     

    無料で参加できます!

     

    この記事をシェアする