• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 購入した自宅が事故物件だと分かったらどうしますか?

    2020年9月16日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは購入した自宅が事故物件だと分かったらどうしますか?』

     

     

     

    質問をいただきました。

     

    「リノベーションされた中古住宅を
    不動産会社から購入しました。
    この不動産は、競売により不動産会社が
    落札しリノベをして販売されたものです。
    後日、事故物件であることを知りました。
    この場合、売主に責任追及はできますか?」

     

    ■回答

     

    競売物件は不動産鑑定士が作成した、「3点セット」
    (「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」)を
    ダウンロードして確認できます。

     

    事故があったことは、3点セットに記載されているはず
    ですから、それを見落としたのは売主である不動産会社の
    ミスだと思います。

     

    売主の業者に対して、瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求、
    もしくは、「事故物件」の説明を怠った過失に基づく
    損害賠償請求を行うことができるのではないかと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    今年、民法の改正があり、瑕疵担保責任は
    【契約不適合責任】に変更になりました。
    より複雑でまだ理解できてません(笑)

     

    いずれにせよ、競売のリノベ物件は、
    以前事故があったかどうかを念入りに調べた方が
    良さそうです。

     

    3点セットの他、「大島てる」サイト、もしくは現地ヒアリングで
    分かります。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■YouTube動画

     

    【勝ち組大家さんの共通点】
    チャンネル登録お待ちしてますね。

     

    ▼ ▼ ▼

    ●動画の内容

     

    50人以上の勝ち組大家さんにインタビューしてきた中で、
    勝ち組大家さんにはある共通点があることに気が付きました。

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

    この記事をシェアする