• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • あなたは、定期借家契約を中途解約できると思いますか?

    2022年1月17日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

    『あなたは、定期借家契約を中途解約できると思いますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    「古いアパートを建て替え予定です。
    現在の入居者との契約は、「定期借家契約」にしています。
    建て替えの時期が早まったのですが、
    契約期間中の解約はできますが?」

     

    ■回答

     

    定期借家契約は、契約期間が決まっている契約のことです。
    契約期間が終了した段階で、入居者は退去します。

     

    普通借家契約の場合は契約期間が終了しても、
    貸主は正当事由がなければ、更新を拒否することは
    できません。

     

    定期借家契約では、期間が決まっているため、
    中途解約は原則としてできません。
    したがって、建て替えの時期が早まったからと
    いって、契約期間の途中で借主に出て行ってもらう
    ことはできません。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    ただし、「部屋を借りる時点において、予測することができない事態」
    となった場合は、借主は途中解約できるようです。

     

    貸主からの解約は難しいですが、借主が了承すれば、
    解約できるとは思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ■新刊、発売になりました!!

     

    3年かかって書き上げました。
    ぜひ読んでみてくださいね。

     

    ↓ ↓ ↓

     

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする