• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 個人で所有している不動産を 法人に移す場合の注意点を知っていますか?

    2019年5月24日 

    こんにちは。
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは個人で所有している不動産を
    法人に移す場合の注意点を知っていますか?』

     

    ◎皆様からの質問

     

    「個人で所有している投資マンションを
    会社を設立して、そちらに所有権を移したいです。
    注意点はありますか?」

     

    ■回答

     

    個人から会社に不動産を移す場合も
    通常の売買と同じ取り扱いになります。

     

    従って、
    ・登記費用
    ・登録免許税
    ・取得税
    ・利益が出た場合には所得税

     

    などがかかってきます。

     

    また、適正な価格で売却する必要があり、
    鑑定評価書が必要になます。

     

    個人から法人に移すのは、
    そう簡単ではないので、
    購入する段階で、
    「個人」で購入するか、
    「法人」で購入するかを
    十分に吟味してくださいね。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    今夜は会社員時代の元同僚とお食事します。
    懐かしいな~♪

     

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタント  浅井佐知子

     

     

    ●2019年6月8日
    第4期 不動産投資スクールがスタートします!

     

    *よりたくさんの方に参加していただきたく、
    今回からセミナー料金を値下げしました!

     

    <第1回スクールの内容>

     

    講師:浅井佐知子

     

    不動産投資は以下の7つのステップをすべて勉強する必要があります。

     

    ステップ1:目標設定
    ステップ2:不動産の価格の求め方
    ステップ3:類型別不動産の長所と短所
    ステップ4:物件探しとシミュレーションの徹底理解
    ステップ5:市場調査と業者探し
    ステップ6:買付から融資、契約まで
    ステップ7:空室対策、出口と 税金対策

     

    今回第1回目スクールは、

     

    ステップ1の「目標の設定」を学んでいただきます。

     

    不動産投資をしよう!と決めたら、
    まずは戦略を立てることです。

     

    簡単に思えて、一番難しいのが「戦略」です。

     

    ・年齢
    ・年収
    ・属性
    ・目標とする収入

     

    などによって異なります。
    戦略を立てることは人生設計を考えることにも通じます。

     

    事例をもとに、戦略の立て方をお伝えします。
    90分で、あなたの不動産投資の戦略が決まるのです!

     

    ●第2部:絶対に知りたい「融資の5原則」

     

    講師:菅井敏之さん

     

    融資の5原則(公共性、収益性、健全制、成長性、流動性)
    に照らして買えば、融資は付きやすく失敗もしづらい。
    その5原則について説明していただきます。

     

    <プロフィール>

     

    菅井敏之さん
    すがい・としゆき
    (お金の専門家、元メガバンク支店長、現不動産オーナー、
    学習院大学さくらアカデミー講師)

     

    ●お申込み

    こちらからお願いします

     

     

     

    この記事をシェアする