• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 築50年の戸建、借主に出て行ってもらうには、どうしたらいいと思いますか?

    2020年11月2日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

    『あなたは築50年の戸建、借主に出て行ってもらうには、
    どうしたらいいと思いますか?』

     

    質問をいただきました。

     

    「築50年の借家を所有しています。
    この借家の建っている土地を売却したいのですが、
    借主が立ち退いてくれません。

     

    かなりのボロですし、引っ越しするまでの家賃はなし、
    引っ越しの費用もこちらが負担するということで、
    借主も一旦は了承したのですが、
    何だかんだと言って出ていこうとしません。

     

    借主に出ていってもらうはどうすればいいですか?」

     

    ■回答

     

    単なる口約束だと、本人に出ていく意思がなければ
    退去してもらうのは難しいと思います。

     

    立ち退きに関する条件をもう一度話し合い、
    折り合いがつかない場合は、裁判で解決すことに
    なると思います。

     

    長年住んでいる入居者に出て行ってもらうのは、
    なかなか難しい問題です。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    先週末、山梨にあるメルシャン勝沼ワイナリーに行きました。
    ワインの樽がすごかったです!

     

    5種類のワインを少しずつ味見してきました。
    朝、昼の食事を食べずに突然ワインを飲んだので、
    少しなのに酔っぱらいました~笑

     

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■YouTube動画

     

    【不動産投資は逆張り?順張り?】
    チャンネル登録お待ちしてますね。

     

    ▼ ▼ ▼

     

    ●動画の内容

     

    不動産投資は逆張りか、順張りかについて話しました。

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    リスクを限りなく低くして、月30万確実に稼げるようになる方法、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする