• ホームHome
  • セミナー情報Seminar
  • お知らせNews
  • プロフィールProfile
  • お問い合わせContact
  • 路線価6年ぶり下落

    2021年7月5日 

    こんにちは!
    不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。

     

     

     

    「路線価6年ぶり下落 21年分0.5%、観光地・繁華街で顕著」

     

    というニュースを読みました。

     

    「国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる
    2021年分の路線価(1月1日時点)を発表した。

     

    全国約32万地点の標準宅地は全国平均で
    前年に比べ0.5%下落した。
    新型コロナウイルスの影響で
    観光地や繁華街などがマイナスに転じ、
    6年ぶりに前年を下回った。

     

    都道府県別では39都府県が下落し、
    東京や大阪、愛知などの13都府県がマイナスに転じた。
    下落率が最も大きかったのは静岡の1.6%で、
    1.4%の岐阜や愛媛などが続いた。」

     

    ■雑感

     

    路線価は7月1日に発表になりますが、
    価格時点は1月1日です。
    しかも価格自体は、昨年1年間のものなので、
    ちょっと前の価格、というイメージです。

     

    商業地や観光地など、
    コロナの影響がダイレクトに
    響いた地域の地価は確かに下がりました。
    でも、今年に入り、地価は元に戻っています。

     

    新聞のキャッチコピーを見て、
    「不動産は下がるから、それまで買うのは待とう」
    と思っていると、残念ですが、
    当分買えないと思います。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    株も昨年下がった時から、すぐに元に戻りましたし、
    為替の動きも落ち着いています。
    そんな中、不動産の価格だけが「ど~ん」と
    下がることは考えられないかな~。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『良質な不動産情報とサービスで人を幸せに!』
    不動産鑑定士、不動産コンサルタント  浅井佐知子

     

    ■無料メルマガ「今すぐできる不動産投資の第一歩」のお知らせ

     

    「月30万確実に稼ぐ、不動産投資法」
    無理なく達成できる具体的な買い方を11日間にわたり、配信しています。

     

    また、セミナー情報及びマル秘情報、不動産投資で失敗しない方法などをお届けしています!

     

    ぜひこの無料メルマガを活用してください。

     

    ■月額4,970円!!会員制 不動産鑑定士 浅井佐知子の「やさしい不動産投資の学校」

     

    会員になると、不動産投資スクールは無料で受けることができます。

     

     

    この記事をシェアする